スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴衣の袖のあたり

2006/07/01 20:29
休みだけど、学校いきました。
研究室にひとりぽつん。なんだか気持ち的にさびしいなぁ。

学校いく途中で、女子高生が浴衣。
何かな?? そうか。 弁天島の花火大会なんだね。
浴衣がひらひら、男の子はセッタにつっかかってた。
夏を感じて自転車でひゅっと通りすぎました。

おまつり大好きだから、行きたい気持ちになるけれど、
人の多さを思い出した。
彼氏のいる子もいない子も、友達を誘うには難しい気がした。

研究室で悶々としながら、サーベイの続き。
一人だし、涼しいし、Hey my friendを流してもいいはず。
音楽に励まされることってあるんだ。



やっぱり、花火みたくなって「花火しようメール」を送信ボタン。

友達は現実的な回答をよこした。

「いまはまだ花火が値下がりしていない!
花火代で甘いものでも食べよう!!」


そんな myfriendです。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

花より団子。。。



ははは(笑)
なかなか現実的な返答だね.

花火.私も見に行きたいけど,人の多さと帰りの大変さを考えると足が止まる^^;



まこさん>>
そ。花(火)より団子なのです。

もとこさん>>
現実的ですよね~w
お祭りがあると、
駅の階段が、初詣の神社の階段のようになってしまうのが
つらいですよね。。。



お初デス。

来ればよかったのに。
ワタシは毎年海辺でどーんと見ています。
来年来る気になったら連絡ください(笑)。



おお!すぅさん!コメント、ありがとうございます~。
毎年海辺で見てるのですね。

なかなか、場所取りも大変で、帰るにあたっての交通整理が
もの凄くて、一度経験すると、なかなか、
気の置けない人と行かないとなぁと考えさせられます。
その点すぅさんなら大人なので、ぜひ一緒に行きたいすね。
なんて言ってみたり。
いや、本当にぜひ行きたいです。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。