スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文芸2回め

2005/10/11 16:52
文芸大で学んだこと報告。
前日横浜にいて遅くても、頑張って起きないと…うぅ。

バスでいってみた。遅刻した。姫街道は平日の朝渋滞すると知る。
----------------------------------------
今日の学びは、「商品戦略」について。
製品・価格・流通・広報戦略 どの4つについてを学ぶ。

前回、「自分が気になっている商品」について挙げたので、
今回は、その商品についての評価マップなるものを制作してみる。

自分で緯度経度の設定をする。商品評価の指標を行列で挙げて、
その商品はどこが優れているのか、どこが劣っているのか、
考えてみた。

それがそのままその商品の持っている戦略なんだ、
ってことがわかるわけです。

広報戦略として1つ学んだこと:
プッシュマーケティングとプルマーケティングの違い。
誰かれかまわず商品情報を押し付けるのか、
それとも、商品情報は自分から来た人にだけ配るのか。

どういうメディアを使うのか?というのも重要な指標なわけで。

ニーズとシーズについても学ぶ。
以前ほりたんも言っていたけど、
消費者が持っているニーズとウォンツに商品をどんだけ結びつけられるかって重要なことだっていう理論。

シーズは商品のネタになる、表層には見えていないもの。
シーズはたいがい技術があってこそなりたつ。
車っていう要素技術と、道路っていう社会技術の二つがあってこそ、
ユーザの願いを叶えることにつながるわけです。

ニーズ+ウォンツ それと、シーズ+技術。
この両者の折り合いのいいところがフィッティングデザインに
つながる。

ところでニーズって?ウォンツって?
私が簡単に理解したところ、こういうことらしい。
●ニーズは、ユーザが必要に迫られている。(トイレットペーパー)
●ウォンツは、ユーザがあったらいいなぁの欲望。(便座はあったかいほうがいいよね)

また、「微妙な例だねぇ~」 とか言われそうですが。。。

本日はこういったことを学びました。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。