スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井川SL・寸又峡温泉・花火大会鑑賞ツアー

2006/08/11 11:46
8月10日(木)は、大井川SL・寸又峡温泉・花火大会鑑賞ツアーの日。

まずは金谷の駅へいく、、、予定なのに、
一緒に行くはずの人2人が遅刻してくるというハプニングからはじまる。

金谷から千頭へ出発。大井川のローカル電車。
綺麗な川を見ながら、ゆっくりと、ガタガタと進むのです。
無人駅がたくさんたくさん、タイムスリップみたい。
レトロを通り越した、昔ながらの雰囲気がたまらないです。

冷凍みかん5個いりをみんなで食べる。冷たーいうまーい。
06-08-10_10-39.jpg


寸又峡温泉まではバスで約1時間。
到着したらまずは山湯館でご飯。

06-08-10_11-31-01.jpg

ヤマメ、シシ鍋、茶ソバ、等々、色々出ました。

そのあと露天風呂へ。
湯の花が浮いていて、肌がサラサラてかヌルヌル。硫黄成分で美肌気分。

山湯館を出発し、午後2時過ぎまであたりを散策。

asobiba039_yume_tsuribashi.jpg

夢の吊り橋を見学。チンダル現象を見てきました。
光の拡散現象でブルーに見えるんだとさ。
トルコブルーすぎてちょっと変な気分になる。
事実は・・・より奇なりっていう感じで、
自然色って作った色よりももっと不思議な色を出すのね。

自然に感動しまくった後は、午後2時過ぎ寸又峡温泉を出発。
バスで30分くらいで千頭駅到着。帰りはSLに乗って金谷方面へいくのです。

SL乗車前に、SLの写真を撮りまくる写真部の人たち。
カメラを構える姿はまるで鉄道マニア・・・(´・ω・`。)

約1時間くらいかけて、SLに乗車。新金谷で下車。
正直、SLってどんな?って思ってたけど、超エキサイティング。
蒸気機関車にハマッてしまうかもしれない。
私には、TDLの乗り物よりもずっと実用的で楽しかった。
これは相当 お勧めな乗り物。

新金谷で下車。
午後7時からの大井川花火大会に参加する前に、スーパーで買い物。
トップバリューのOEMだと、コニカミノルタのフィルム3本が400円になることを学びました。

午後7時。
島田サイドと金谷サイド、両サイドから遠近両用花火大会の始まり。
川原の斜めのブロックで寝ころがって鑑賞という超贅沢ぶり。
満天の星ならぬ満天の花火だった。
上から降ってくるような花火を贅沢ーに鑑賞してました。

06-08-10_19-40.jpg
こんな感じでうまい具合にブロックに寝転がるわけです。

06-08-10_19-26.jpg06-08-10_19-21.jpg06-08-10_20-15.jpg06-08-10_19-24.jpg

じつは穴場な花火大会。
来年以降もいけるもんなら、いきたいものです。

午後10時過ぎ帰宅。濃縮な日でした。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

いいねぇ☆

寝そべってみれるんだぁ!!いいねぇ◎

行けばよかった・・

来年は行ってみよ♪



風情のある旅はいいですなあ。
僕も行きたかった!



みっちゃん>>
早めに場所取りするのが良いですぞ。
ナイスタイムは5時45分~6時半までの間。
その前だと太陽で暑いし、その後だと場所なくなっちゃう。
ぜひ、いってね~。

HCTOMさん>>
うん、ナイス旅でした。
我ながら、このツアーを立ててよかったなと自画自賛。
トムさんも来ればよかったのに~。
部でメール流したら、一人も返信来なかったよw
OBOGのMLに流すべきだったかwって仕事ですよねw
またの機会に!



はなびーーー!

めっちゃキレイだね!!
じつは私も見ました、大井川の花火。
すこしだけど。
たまたま静岡に用事があって
その帰りに電車の中からみえました。
ああ…もっとじっくりみたかったわ~v-7



春ちゃん>>
基本的に私がここに投稿するのはカメラ付き携帯のカメラで、
しかも10万画素くらいの超ちゃちーやつです。
その割にしっかり撮れてるとき「も」たまーにあるんで、よろしく見てやってくださいw

静岡の用事、お疲れさまでした。^ー^
大井川の花火、本当に穴場です。
来年は、横浜で見るとしたら、人が多すぎて堪能できるわけがないと思うので、今年のうちにめっちゃ見ておくのです!

あと、春ちゃんこの夏、マジで遊んでよ。おねだりしてみる。
ところで連絡先は知らないというわけですけどw



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。