スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画レビュー

2006/12/25 22:43
A River Runs Through It

著者Norman MacLeanが自身の経験から書いた小説に基づいた作品。
ブラピが一躍スターになった作品なだけあって、
主演ていうか脇役?のブラッドピットが際立っていた。
ちょぃ悪・ヤンチャな役が多いので、あまり目立っていい演技だと
思えないとしたら、それはブラピの役がこれで開花したからかと思う。

というか、他の俳優の演技がすばらしいから目立つことができた
作品かな・・・。川釣りが好きな人には設定がたまらないと思う。
情緒を楽しむ、深みのある作品なので、エキサイティング系がすきな
人には向きません。
ちょっとだけ、石原慎太郎の「弟」を思い起こさせる…。

原作の本はこちら。


他に鑑賞してあるブラピの作品

傷だらけのランナー

不良の弟と優秀な兄。今回は優秀な兄役。
熱いね!青春かっ!ていう感じ。
ベタすぎて、賛否両論の作品だと思います。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。