スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信なんて一つもなかった。

2007/02/07 17:38
半年前に知り合った医学部の男子から電話がかかってきた。
何の要件かなと思ったら、●●党に 一票いれてほしい 
という要件だった。

そのあとよく考えたら、私は宗教やら色んなことに
無防備に4年間過ごしてきたことに気づいた。


昨日まで、ずっとボランティア団体で、偉いなと思っていたことが、
宗教だよ それ って 教えられた瞬間に 
自分の中の 疑ってないものが 崩れた。

自信なんて一つもなかったけれど、なかった以上になくなった瞬間。


もしかしたら 他人にだまされてることが
あったのかもしれないけれど、

それよりも

自分で自分の心をだまして、いい方向に考えてたのかもしれません。

どーしよーもないなぁ、自分。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます



コメントありがとうございます。

多分 考えないと いけないんだと 思う。

なんとかなってきたのは、周りの人に支えられてたからだと
いまいちど考えはじめました。

大丈夫、今月の後半は南の島で一週間ほどボーっとしてくる!



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。