スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島 7日め最終日 帰省

2007/03/03 13:45
石垣島で目覚めた最後の日。3月3日のひなまつり。今年は飛行機の中。

朝6時に起床。7時半には出発して、8時50分の飛行機に乗る。

石垣島よ さよーならー 。
P3030511_02.jpg
空の上は今日も青空。

石垣島での数日間。同じ日本なのだと、コンビニがあることや
言葉が通じることで再確認する一方で、

私の中の日本とは違う日本でもあるのだと、そこにいる動植物や家など
の設備などの一つ一つで気づかされた日々だったと思う。


島の学校に英語を教えに向かう、船が乗り合いになった外人の先生。
子ども達に同じ教育を受けさせるためには、状況が違えば、
それにあわせた施策が必要なんだな。

船はお客さんも乗せるし、教育者も乗せるし、食品も乗せる。
観光フェリーは島と島を結ぶ命綱。

島の人は本島の人を内地の人と呼ぶ。私は内地の人だった。
島人にとって、車で1時間は遠い距離。時間の感覚が違うんだ。

信号がない、電車がない、バスが船の時間と連動して数本だけ。
車があまり走らないから子どもが車を怖がらない。
だから事故がおこりやすい。実際、私が石垣島一周しているときも、
スピードを出しすぎていた観光客のレンタカーがひきおこした。

会う人会う人、本島から住み着いた人ばっかりの石垣島。
実際に石垣島で代々生まれ育った人には、なかなか会えなかった。

人と長い間旅していると、人間関係についても、色々と考えることが多かった。

でも石垣島、竹富島、黒島、今回残念ながらいけなかった小浜島、
なんだかんだいって楽しかった。



また来るかな?

来れたら、いいな。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。