スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産祝いを買うということ

2008/06/07 01:00
出産祝い品を買うという経験をしました。
会社の先輩がお母さんになったので、後輩としてお祝いしたいなと思ったわけです。

子供の頃の立場とは違い、購入者としてベビー用品や子供服売り場に入ったのは初です。
どういう態度で商品を見て、何を基準に見たらいいのか、ちょっとしどろもどろしちゃいました。

でもすごいなと思ったのは、店員さんの商品知識。

こういうものがほしい といったら 他メーカにどんな商品があるか知っていて、
フロアーの別メーカの商品も出向いて持ってきてくれる。
百貨店店員には、持ち場における店員ではなく、売り場(フロアー?)における
ベビー用品販売のプロという意識があるのだなと思ったわけです。

------------------------------------------------------------------

最近なんだか、自分の生活の中で仕事が流れていってる感じがしてます。
自分を通して仕事が右から左へと流れていく作業をしてるような。
ときには時間がなくて、(要領もまだ悪いんですね)不完全としかいいようがないものを
流したりもしてます。
一所懸命になって得られるのは小さな信頼なのか。残業代なのか。実力なのか。

運用および問い合わせ対応と保守改善の仕様作成(SE)と別案件のPG作成と新人教育、
どれに重点をおいてどれに力を抜くべきか。中途半端を作りたくはないしなぁ。

何かしらのプロになる道は険しいね。。。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。