スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスインワンダーランド

2010/07/03 10:15
1ヶ月くらい前かな、イクスピアリにてアリスインワンダーランドを鑑賞してきた。
3Dってすごいよ。
アバターのときも思ったんだけど、それって反則だと思った。
通常の映画とは違う競技(?)じゃないの?って感じ。
その「違う競技」で比較するのであれば、まだ比較対象が少なすぎるから、
良さを生かしきってるかはわからない。

アリスインワンダーランドは、ティムバートンとジョニデのコンビが、、、というものなので、
なんだろうね、映画の価値っていうのが「見ないとわからない」ていうものだったのに、
「あの二人のコンビなら、ある程度の安定感がある」っていうふうになってるように思う。
映画の安定的品質供給って、チームで作るからこそ、あのスタッフがまた集結して、あの二人がまた組んで、
ていう、そこにしかないような気がしてる。

居酒屋でいうところの、 ワタミ系列 みたいな。あーそれなら安心だね、みたいな。そんな安定感?

その安定感通りの、無難な、期待をよくも悪くも裏切らない映画でした。

見る前に、ディズニーの普通のアニメ版アリスを見てみることをお勧めします。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。